妊活にかかる費用・相場

妊活には様々な方法があり、時間も手間もかかるものであることは、皆さんよく御存知のことと思います。

妊婦さん

そこで気になってくるのが妊活にかかる費用、つまり妊活にはいくら位かかるのかということです。

 

夫婦だけで自力で行う場合と病院で不妊治療も行う場合とでは、金額に大きな差が出てきます。

 

そこでここではどちらの場合も想定して、妊活にかかる費用について、お話していきたいと思います。

 

まず夫婦だけで行う妊活に伴ってかかる費用としては、食費・妊活サプリ・漢方薬・ハーブティ・アロマ等が考えられます。

 

次に不妊治療ということになりますと、当然かかる費用の桁が変わってきます。

 

これには国や自治体からの助成金制度が利用出来ます。

 

離島等では交通費についても助成金制度があるとのことです。

 

またOHSSの治療や入院で休職した場合の減収分を補填するものとして、健康保険が適用され、入院の場合は傷病手当金が支給されます。

 

また不妊治療で離職や転職をした場合の減収分を補填するものとして、離職して職探しをしている間は失業給付金も支給されます。

 

次に某子供服メーカーが利用者に行った2014年の調査によれば…

0円 19.2%
〜10万円 57.2%
11%〜50万円 8.9%
51〜100万円 5.2%
101〜150万円 3.7%
151〜300万円 3.4%
300万円以上 2.4%

10万円以内で済ませている人が約8割を占めるという結果が出ています。

 

サプリメント

10万円以上かかっている人は、何らかの形で不妊治療を行っているために高額になっていると思われます。

 

自力で妊活をしている場合、サプリや漢方薬にお金をかけている人が多く、サプリは高いもので月6000円以上漢方では月に数万円かけている人もいます。

 

また人によっては、身体を冷やさないための服やグッズを買ったり、栄養バランスのとれた良い食事をするために、いつもより食費をかけている人もいます。

 

不妊治療では1回の月経周期の間にかかる費用としては、タイミング法や人工授精の段階では数万円ですが、体外受精や顕微受精ともなりますと数10万円かかるとのことです。

 

しかも1回で成功せず何回も繰り返すことになりますと、数100万円もかかることになってしまいます。

 

説明する妊婦さん

不妊治療の流れとしては初診は保険適用で数千円〜2万円、タイミング法では3〜6回までなら保険適用で数千円〜2万円で、それ以上かかりますと病院によっては保険の適用外となります。

 

また人口受精は保険適用外で5〜6回までで1万円〜5万円、体外受精も保険適用外で20万円〜80万円等が相場となっています。

 

不妊治療は最初の方でお話したように、国の助成金制度や各自治体の助成金制度を利用出来ますので、地元の役場等でご相談になってください。

おすすめ妊活サプリメント

ベルタ葉酸サプリ

  • 葉酸サプリの中で一番人気
  • 無添加
  • 天然型酵母100%の葉酸が配合
  • モノグルタミン酸型の葉酸が配合
  • 女性に不足しやすい成分をバランスよく配合


単品購入(120錠入り) 5,980円(税込)、送料無料
お得な定期便(120錠入り) 3,980円(税込)、送料無料 33%オフで、2,000円もお得
夫婦定期便(女性用120錠、男性用60錠) 5,980円(税込)、送料無料 29%オフで、2,500円もお得

ベルタ葉酸サプリの詳細はこちら

 

AFC葉酸サプリ

  • 妊活中の芸能人が愛用中
  • たまごクラブ、ひよこクラブなどの雑誌やテレビで紹介
  • モノグルタミン酸型葉酸400μg配合
  • 女性に嬉しい成分配合
  • 低価格
単品購入(120粒) 1,800円(税抜)、送料無料
3か月分 10%オフの4,800円(税抜)、送料無料
6か月分 20%オフの8,400円(税抜)、送料無料

AFC葉酸サプリの詳細はこちら

 

HUG maca -AFC-

  • 希少価値の高いマカを濃縮配合
  • 男性にもうれしい亜鉛、アルギニン、セレンといった成分配合
  • 夫婦で一緒に摂りたい
単品購入(120粒) 2,300円(税抜) 送料無料
お得なセット(HUG maca + AFC 葉酸サプリ) 3,600円(税抜) 送料無料